ゴルフのスポーツ留学


ゴルフのスポーツ留学

ゴルフのスポーツ留学 ゴルフは日本でも、サッカー、野球に次いで人気のスポーツです。ただしゴルフの場合は国民的スポーツというよりも、大人の社交目的に利用される場合が日本ではほとんどで、ゴルフコースもレンタルすると非常に高いという現状があります。
その点、イギリスやアイルランド、アメリカ、オーストラリアなどゴルフの本場ではゴルフ文化がもっと身近に育っており、ゴルフコースのレンタル料も安いです。石川遼選手のような人材も出てきていますが、世界のトッププロとの差は余りにも大きく、まだまだ国内で学んでいるだけではその差を埋められません。
そこで今回は、ゴルフでスポーツ留学する際のポイントを考えたいと思います。

国選びは必然的に、イギリス周辺かその移民が渡った国になる

国選びは必然的に、イギリス周辺かその移民が渡った国になる ゴルフの留学先として真っ先に挙げられる場所がイギリスです。イギリスのスコットランドで生まれたスポーツなので、その本場に留学するのが最も手堅いです。素晴らしいゴルフアカデミーも多数ありますし、何しろコースが美しいので純粋に気持ちがいいです。
隣国のアイルランドもいいですし、イギリスやアイルランドから移民が渡ったアメリカも留学先として優れています。 同じくイギリスから人が渡ったオーストラリアもゴルフの留学先としては極めて優れており、コース、アカデミー、選手など全ての方面で充実しています。

ゴルフアカデミーも世界中にある

優れたゴルフアカデミーも、上述したような国には必ず存在しています。

ゴルフアカデミーも世界中にある その他にもいろいろと名門校はあるのですが、上述のようなアカデミーは特に有名です。中にはLanguage & Activity Holidaysのように、ビジネスマンの教養として英語とゴルフを学べる場所もあります。
国際的なビジネスマンになりたいという人が、エリート教育の一環で英語とスポーツを学ぶという校風がいかにもアイルランドといった感じです。スポーツ留学というと選手になりたい人が行くというイメージがありますが、実際はLanguage & Activity Holidaysのように、教養や人格形成を目的としたスポーツ留学も存在するのです。
ちなみにイギリス、アメリカ、アイルランド、オーストラリアには上述の学校以外にもいろいろと名門校があるので、インターネットを使って尊敬する選手の母校を調べて一覧にしてみると良いでしょう。