乗馬でのスポーツ留学


乗馬でのスポーツ留学

乗馬でのスポーツ留学 乗馬は日本でも人気のあるスポーツです。民間の乗馬スクールはたくさんありますし、観光地でも馬に乗るアクティビティーが人気です。競馬の観客はたくさん入りますし、地方競馬も各地で営まれています。
ばんえい競馬など日本で独自に進化、発展していったホースレースもあります。武豊選手のような優れたジョッキーも誕生していますし、世界的なレースでいい成績を収める日本のサラブレットも誕生しつつあります。
北海道には巨大な競走馬を育てる環境ができあがっており、確実に日本の乗馬環境は進化を遂げ続けています。
それでもやはり、競馬の本場と比べると圧倒的に見劣りする部分もあります。そこで今回は本気で乗馬を極めたい人が、留学をするべき国を考えたいと思います。

ブリティッシュスタイルの乗馬を極めたいなら、イギリスへ

ブリティッシュスタイルの乗馬を極めたいなら、イギリスへ オリンピックの種目にもなっている乗馬技術や、ジョッキーが上体を低く保ったままレース場を駆け抜ける乗馬をブリティッシュスタイルと呼びますが、その手の乗馬を学びたい、その手の乗馬システムの運営方法を学びたい人は、イギリスへ留学する以外に手はありません。
イギリス生まれのスポーツはたくさんあります。サッカー、ラグビー、クリケット、テニス、ゴルフなどいろいろで、乗馬もその1つです。サッカーにしろ、ラグビーにしろ、クリケットにしろ、テニス、ゴルフにしろ、もはや本場のイギリスを越えて他の国のレベルがかなり高くなってしまいましたが、乗馬に関しては本国イギリスがその牙城を守っています。

ウエスタンスタイルの乗馬を学びたいなら、アメリカ、オーストラリアへ

ブリティッシュスタイルの乗馬はルールが厳しいですが、もう少し気楽に馬の走りを楽しみたいという人は、ウエスタンスタイルの乗馬を学ぶといいかもしれません。
アメリカのカウボーイが発展させた乗馬スタイルですが、カジュアルな格好で馬に乗り、大自然の中に飛び出していくスポーツスタイルになります。
アメリカやオーストラリアなど、広大な土地を持つ国で発展しているスポーツで、

ウエスタンスタイルの乗馬を学びたいなら、アメリカ、オーストラリアへ といったウエスタンスタイルの優れたスクールもあります。どちらのスクールも田園の広がる素朴な大地を、自動車や歩行者や建造物や近所の苦情を気にせず、走り回れる喜びが待っています。
上述のアカデミーに入学すると、単に乗馬のレッスンだけでなく馬場経営のノウハウ、インストラクターの技術、厩舎の手入れ、乗馬理論まで幅広く学べます。
Comprehensive Riding Masterのように、3カ月みっちりと乗馬を学ぶコースもあれば、Beginnersコースのように1日$150で学べるカリキュラムもあります。
本格的な乗馬留学から、旅行のついでに体験的に入学するコースまで、いろいろと選択肢があります。日本にももちろん乗馬関連の専門学校はありますが、敷地の広さで比較すれば全く歯が立ちません。まだまだ乗馬文化も育っていない日本に、本場の知識や経験を丸ごと持ち帰り、日本の乗馬環境を向上させるキーパーソンになってください。