留学中の1日のスケジュールは?


留学中の1日のスケジュールは?

留学中の1日のスケジュールは? スポーツで海外に留学するとなると、寮やホームステイ先に身を置き、どっぷりとスポーツに取り組む形になります。しかし、24時間、練習をするわけにはいきません。実際にイギリスなりアメリカなりに留学した場合、どのような生活が待っているのでしょうか? 具体的な1日を考えてみたいと思います。

1日のスケジュールは渡航先や選択したコースによってばらばら

結論から言ってしまえば、スポーツ留学のスケジュールは、滞在先や選択したスポーツなどにより、かなり変わってきてしまいます。しかし、「スケジュールはそれぞれだ」と言っても意味が無いので、今回はアメリカにあるThe David Leadbetter Gold Academy at Bradenton Floridaというゴルフスクールを具体例として確認します。

○ 寮生の場合

1日のスケジュールは渡航先や選択したコースによってばらばら The David Leadbetter Gold Academy at Bradenton Floridaの場合、ゴルフ専門コースとゴルフと勉強を組み合わせたコースがあります。さらにゴルフ専門コースでも、ジュニア向けの9カ月間コース、3カ月の中期コースもありますし、大人向けの3日間、あるいは半日の短期レッスンコースもあります。
そこで今回はジュニア向け、中でも9カ月間寮に入ってみっちりゴルフを習うコースを確認します。1日のスケジュールは以下のようになっています。

  • 6:30 起床
  • 6:50〜8:00 朝食
  • 8:30〜11:30 ゴルフ集中レッスン
  • 11:45〜13:15 昼食
  • 13:30〜18:00 ゴルフ集中レッスン
  • 18:00〜19:15 夕食
  • 19:30〜21:00 勉強
  • 21:00〜21:15 お菓子タイム
  • 21:15〜22:00 自由時間
  • 22:30 消灯

8時間から9時間の練習、ゴルフ好きの仲間と24時間過ごして、みっちりと9カ月間を過ごす計算になります。このコースで料金は$11,010になります。日本円にして100万円ほどです。その他渡航費などが掛かりますが、100万円でこれほど充実したゴルフ生活を送れるというのですから、非常に意義のある留学になると思われます。

その他のスポーツも同じ感じ

その他のスポーツも同じ感じ 今回はゴルフのアカデミーを取り上げましたが、テニスにせよモータースポーツにせよ、野球にせよマリンスポーツにせよ、寮に入りそのスポーツだけに専念する場合は似たようなスケジュールになります。
大学などに入学してスポーツ+勉強という生活になると、スポーツの時間が減り、その代わりに勉強の時間が増えます。毎日非常に忙しくなるので、あっという間に数年が過ぎるという実感があります。